『写真』 の記事

1 2 3 4 5 6 7

2008年7月28日

「メディアをめぐる7つの話 01:写真 多木浩二」を聴いて

_IGP3970.jpg
川口メディアセブンの企画「メディアをめぐる7つの話」の連続トークセッション「01:写真 多木浩二」を聴きに行った。備忘録としてメモした内容をまとめる。

————————– ここから ————————–

畠山、デマンドの写真作品
どちらもなんとなく既視感のある街の風景のような作品なのだが、空虚で白々しい雰囲気がある。何を撮りたいのかわからない。それもそのはずで、両名の作品は自分で街や建築の模型を作り、それを写真に撮っているからである。意識的に一見なんでもないような、つまらない街の風景写真にしているのである。それゆえに我々の認識を揺るがし、写真の表現行為を台無しにするような作品となっている。

リアリティーの逆転
かつてはカメラの前に何かがあった。写真は現実を支持していた。
今や現実は問題ではなく、写真が現実を支持しているとは限らない。

不連続な点
そもそも写真が発明される以前に、写真が生まれるような知覚的世界に我々は住んでいた。ルネサンスによって、遠近法が発見され、世界の知覚の変化(不連続点が生じた)があった。遠近法に慣れていたので、写真が発明されたときに、それを容易に受け入れることができたのである。
全てのメディアのデジタル化により、「写真があるので人間がある」というような写真の確かさはなくなり、写真は重要なメディアではなくなった。今後写真には人間的な視線はなくなり、人間的ではないまなざしになっていく中で新たな不連続点が生まれるような気がする。

加速する歴史とアーカイブを残したいという意志
歴史の流れはすべてを空虚にし、無に向かっている。それとぶつかりあうようにアーカイブを残したいという意志がある。写真とは記憶しようとする意志のひとつであるのではないだろうか?

メディアテーク(メディアの棚)を使いたいという意思は生命の力がもたらすものである。また、メディアテーク自身がメディアテークを破壊してしまうということも認識する必要がある。

まとめ
写真がメディアによって無になっていくことを実感することが、写真とメディアを考えることである。その無になって行く流れを直視し、過去に戻ろうとしたり、ノスタルジーに浸ったりすることなく、現実の「ギラギラしているメディア」のなかで、生命、人間性をあえて問うことが重要で、そういう写真家も出てきている。しかし、それを潰してしまうような力をメディア(もちろん川口メディアセブンを含む)が内在していることを忘れてはならない。
————————– ここまで ————————–

郊外の図書館でのトークセッションとは思えないような、メディア(もちろん写真も)の本質的問題点を容赦なく切った濃い内容でした。最後の方で「スライドを流さなければよかった」とおっしゃり、語りたかった内容が特定のイメージに固定化されたくない様子でした。ベンヤミンの「複製技術時代の芸術」(多木さんによる解説本がある)にも軽く触れましたが、現代のメディアの状況は、今では大きく変化していると考えていらっしゃるようでした。

多木さんは「『ギラギラしているメディア』のなかで、人間性をあえて問う写真家も出てきている」とおっしゃったので、たとえばどんな写真家か?と質問させていただいたのですが、具体的な写真家の名前はお答えせず、にそういった写真家に気付いて欲しい、見つけて欲しいような感じでした。

また、「私は写真を撮りません」とおっしゃっていましたが、私の手元には「建築家・篠原一男 幾何学的想像力」(著者:多木浩二、青土社 2007)があり、篠原さんの建築を撮っていらっしゃいます。

次回、「02:印刷 松田行正」も面白そうです。

今日の写真
近所の店舗什器工場がいつの間にかただの医療品倉庫になっていました。舗装された犬走りには雑草が生え始めていました。

タグ:,

カテゴリー:アート, 写真 |  コメント (1) |  投稿者:hyodo

2005年5月25日

ソフト・ハウスの写真

オシュのジャイマ・バザール
先日より始めたシリーズ写真を紹介する。ソフト・ハウスとはビニルハウスやテントなどのメンブレインを使用した簡易工作物とここでは定義したい。前回の写真は簡易工作物では無かったが、ちょうどウズベキスタンの暴動がニュースになっていたので載せた。

ソフト・ハウスの特徴は、屋根が光を透過する素材で明るかったり、壁が無かったり、床が土間や外部と同じだったりすること、壁や床があったとしても外の様子がよくわかることである。ようするに雨はしのいでくれるかもしれないが、外気や外敵から身を守ったり、プライバシーを保ったりするには心許ない建築のことである。

今回のシリーズではその魅力を紹介していきたいと思う。今日の写真は、フェルガナ盆地のキルギス側の都市オシュの巨大なジャイマ・バザールの宝石商が集まるセクション。宝石は鞄ひとつで商えるので、食料・衣料品のバザールと違って屋根の下に店が少ないのが特徴。

タグ:,

カテゴリー:写真 |  コメント (2) |  投稿者:hyodo

2005年4月9日

透明な恋の視線

芝川放水路の倉庫
今年初めだったと思うが朝日新聞の企画広告に内田也哉子(樹木希林の娘、本木雅弘夫人)が載っていた。昔、既に廃刊となった雑誌「太陽」で彼女は写真評を書いていて、そのときの彼女の肩書は「主婦」。誠実な文章、自分を粉飾しない姿勢に好感が持てた。新聞に載っていたプロフィールで初めて知ったのだが私より6歳も若いということがわかり、ものすごく驚いた。「太陽」で写真評を書いていただけでもスゴイのに、あれは25歳前後で書いた文章だったのだ。このひと「大人」だ。

そして先日、本屋でたまたま美術手帖を手に取り開いたページに内田の川内倫子評が載っていた。その評論の内容は要約すると「人は恋をすると世の中のものがすばらしく見える。川内の写真にはそれを感じる」というものだった。

透明な恋の視線!

誰だって繰り返し経験する常に新しい視覚世界だ。私は3月の午後の光にそれを感じていた。真冬の空気のほうが物理的透明度は高いかもしれないが、少しずつ水分を含みはじめた大気は、霞で視界をぼやけさせても、強くなり始めた陽光を甘美にやわらげても、オレンジ色の光はくっきりと輪郭を見せるのだ。そんな光に照らされるならば、工業団地を流れる直線的な放水路も、その脇の無機的な倉庫でも、特別なものに映るだろう。それに共感してくれるひとがいるならなおさらだ!

今日から倉庫シリーズです。

タグ:,

カテゴリー:写真 |  コメント (7) |  投稿者:hyodo

2005年4月5日

私の写真整理術・ソフトウェア編

05_1282_04
前回の記事「私の写真整理術・ハードウエア編」の続きです。
ソフトウェア編と言っても使用アプリケーションについて語るわけではありません。実際に使用しているアプリケーションはフィルムスキャナ付属のドライバソフトとPhotshop Element 2.0だけです。ここでいうソフトウェアとは、私が心がけていることのことです。

何度も自分の写真を見る
たくさん写真を撮っていると素人でも偶然いい写真が撮れていることがあります。しかしそれは見落しがちなことです。見落とさないために多くの時間を費やして、つまらなくても自分の写真を1枚ずつ何度も繰り返して見ています。それに何度も見ていると自分の写真のことが客観的にわかってきます。例えば、「自転車の写真がやたら多いな」とか「いつも地平線が右下がりだ」とか「弱い光だとつまらない被写体も美しく見えるな」など色々と傾向や長所短所に気が付きます。

写真集を集める
カメラ機材には大して興味がないので、その分写真集の収集に充てています。写真集は高価なものが多いので、財政上衝動買いはしないようにしています。しかし 2回以上巡り会ったときは運命を感じて購入モードになってしまいます。そして何冊か買っていくうちに自分の好みがわかってきます。私のお気に入りの写真集はプロフィールでも紹介していますが、全体として殺伐としていて、被写体らしきものは等価的で焦点の定まらないようなありふれた光景を撮影したものが多い傾向にあります。一見普通でつまらないそのような被写体が美しく切り取られたことに奇跡を感じますし、この場合はきっと現実よりも写真のほうが美しいのでは?と考えています。この場合は被写体よりも写真作品そのものに価値があるということになります。逆に被写体にもともと備わっている魅力が全面に現れてくるような自然や動植物、人物の類の写真集はあまり興味がありません。あえて写真家に見せてもらわなくても「知ってるよ」と思うからです。初めて知る光景だったとしても「そうだろうね」としか思いません。このような場合は写真より現実のそのものを見たくなるので、写真作品よりも被写体そのものの方に価値があります。例えば、「アイドルの写真集」と「アイドルその人」とどっちがいい?って訊かれたら、誰だって選ぶ方は決まっているでしょう。

話がずれてしまいましたが、写真集を集めそれらを眺めた後でファインダーをのぞいてみると、見えてくる世界はずいぶん広がってきたな感じるときがあります。

撮りためた写真をすぐに閲覧できること
写真の管理はコンピュータを使うようになってから楽になりました。フィルム約500枚毎にフォルダにまとめていますが、サムネイルもあるので探している写真にたどり着き易く、「あの写真はどこだっけ?」ということが激減しました。「無聊写記」で発表している写真は被写体別に分類していますが、これらの写真は最初から目的を持って撮影されたわけではなく、撮影後フィルムデータを1枚1枚見ているうちにある傾向を持ったものや同じテーマにまとめられるグループを発見し、そのテーマに沿った写真を拾い集めた作品です。

つらつらと写真について考えていることを2回の記事にまとめてみました。
雑草シリーズは今回でおしまいです。次回シリーズは「倉庫」です。

タグ:

カテゴリー:写真 |  コメント (3) |  投稿者:hyodo

2005年4月3日

私の写真整理術・ハードウェア編

雑草
まずは私の機材を公開!

カメラ:PENTAX MZ-3 シルバー
レンズ:FA★24mmF2AL, FA28mmF2.8AL, FA35mmF2AL, FA50MMF1.4AL, SIGMA AF105mmF2.8EX MACRO
使用フィルム:フジカラー SUPERIA Venus400, KODAK SUPER GOLD 400
フィルムスキャナ:KONIKA MINOLTA DIMAGE SCANDUAL Ⅳ
ネガホルダー:CHIKUMA ネガティブフィルムバインダー 06262-2
バッグ:karrimor sector 25

上記のように、自慢するほどのものではありません。しかもカメラはこの1台のみなので、最近予備の MZ-3 の購入を検討しています(Sさん、使っていないようでしたら売ってください)。

とにかく持ち運びが便利なこと
なぜPENTAX MZ-3 かというと、私は常にカメラを携帯したいので小型軽量である必要がありました。購入した ’99年当時世界最小最軽量であった MZ-5の後継機にあたる MZ-3は事実上の世界最小最軽量機種でした。また建築物やインテリアを主に撮影したかったので、明るく高性能な広角レンズも必要でした。PENTAX には FA★24mmF2AL という魅力的な広角レンズがあり、このカメラを選んだ決め手になりました。

携帯するためのバッグはカメラとA4書類が別々に入る2コンパートメントの小型バックパックで、手帳や筆記用具が取り出しやすく、ペットボトルや折りたたみ傘がサイドポケットに入り、ウエストベルトなど山仕様の装備は取り外し可能な製品です。長い間探していたのですが、ぴったりの製品を東急ハンズで発見。下のポケットにヨドバシカメラで売っていた500円くらいのクッションケースと一緒にカメラを入れているので、ラフにバックパックを扱ってもカメラは壊れません。

単焦点レンズしか持ってない
単焦点レンズはズームレンズと比較して画角という選択肢が減る分だけ撮りやすいと思います。しかもレンズが明るいので、ピントがどこにあっているかわかりやすいし、速いシャッターが切れるのでブレも少なくなります。解像力などのレンズ性能もズームレンズより一般に高いようですが、私はそこまでのこだわりはありません。

ネガフィルムしか使わない
リバーサルフィルムは高いし、フィルムの特性上露出を何段階か替えての撮影が望ましいので使用しません。その点ネガフィルムは1回の撮影で済むし、フィルムも現像もプリントも安くて良いことずくめです。まあこんな風に書くとリバーサル派の方に叩かれそうですけど。

プリントはしない、現像のみ
プリントするとアルバムが大量に必要になり、置き場所にも困ります。またプリントといっても全部キャビネなどにするわけではなくどうせサービスプリントです。よってプリントはせず、現像しかしません。コストも押さえられます。

そこでフィルムスキャナ登場
ネガフィルム現像のみでは何を撮ったのか全くわからないので、フィルムスキャナで全コマを1170×780ピクセル程度の低い画素数でスキャンします。この画素数なら等倍でモニタ上の画像を確認できますし、データも軽いのでハードディスクの容量を気にすることもなく扱いやすいのです。もしいい写真が撮れたなら、そのコマだけ1000万画素級でスキャンし直すかプロラボでプリントを注文すればいいのです。デジカメではこうはいきません。希にしか撮れない傑作のために常に最高画素数で撮影しなければなりませんので、撮影データは膨大になり、プレビュー、ちょっとした画像調整やプリンタ出力もその処理に時間がかかることになります。しかしスキャニングはフィルム1本当たり30分は掛かるし面倒です。それでもここ5年間でフィルムスキャナは安く速く高性能になり使いやすくなりました。

フィルムはナンバリングしてファイルに保存
フィルムにはスリーブ毎コマ毎に番号をつけてネガホルダーに保存しています。この番号はスキャンデータのファイル名と一致させておきます。そうすればモニタで見たの画像からのフィルム検索が簡単です。ホルダー1冊に36枚撮り40本分をファイルできる製品を使っています。年間120本撮影しても厚さ32ミリのA4ファイルが3冊増えるだけです。又、この製品は上吊り式のホルダーなので、くたっと斜めになってフィルムに変な曲がり癖が付きません。

ほかにもフィルムで撮り、スキャナで取り込む長所はまだありますが、これは次回「~ソフトウェア編」にてご報告したいと思います。

タグ:

カテゴリー:写真 |  コメント (9) |  投稿者:hyodo

2005年2月15日

雑草の写真

雑草
昔、まだ自分が建築設計でやっていくかどうか迷っている頃、建築会館で開かれていたセミナーの設計課題で、「自然を発見する家」というテーマが出題されたことがある。文字通り、「自然を発見する家」を設計せよという課題である。コンセプトをまとめていく過程で、受講者はまず「自然」を感じるものや現象をサンプリングし、各々プレゼンテーションを行った。

美しい幾何学の自然がある

  • 雪や鉱物の結晶。
  • 蜂の巣のハニカム。
  • 花。

人工物との対比で感じる自然がある

  • 川原で拾った角のとれた色ガラス片。
  • 木の根に食われかけたアンコール遺跡。
  • 菓子にたかる蟻。
  • 石鹸で洗っても落ちない魚のぬめり。
  • 廻る風車や水車。

タレルの「ブルー・プラネット・スカイ」もこれにあたる。

記憶の中の自然もある
例えば、香港の高層ビル街に住むベトナム人が自然を感じる唯一のときは、カフェオレを飲むときかもしれない。きっと郷里のメコンの水(カフェオレ色)を想い出させるからだ。

妄想の自然もある。
これはメディアによって日々仮想体験している。
例えば、南極、サハラ砂漠、アルプス山脈のようにテレビや雑誌でしか見れないような極端な地域の自然である。これこそ自然だと思っている人は多いのではないだろうか。しかし、これは非常に限定された自然なのである。

考えれば考えるほど「自然」とはとらえどころがなく、その姿がぼやけてしまう。また感じ方は人によって違うのである。

そこで私は、身の回りにあって人がコントロールできない現象を「自然」と限定して探してみた。地球の自転公転、日光、天気をのぞくと、郊外の住宅地には以外と「自然」は少ない。鳥、虫、雑草くらいであった。

その中から雑草を取り上げて、調べてみることにした。

雑草は、農業をされている方からみれば、全く迷惑なものである。雑草のためにものすごい金と労力を費やしている。そして私たちは田畑で収穫される農作物の恩恵を受けている。人間からみると不必要であり、存在しないほうが望ましい。

その一方で、雑草は、その土地の本来の植生へ戻すための斥候のような役割を持つ。ナウシカに出てくる腐海のような役割があるのである。もし何も生えていない土地があれば、最初は背の低い雑草が生えてくる。それからススキなどの背の高いものへと遷移し、雑草は低木に取って代わり、更に高木へと次第に大型の植物に変化していく。そして日本の場合、最終的に森になってしまうのだそうだ。ならば雑草を抜くということは、大げさに言うと、未来の森を破壊していることかもしれない。

それを知ってから、道路のひび割れや、縁石やブロックの隙間など、環境の悪い場所に生えている雑草を見ると、生命力の強さやしたたかさだけでなく、明らかに将来森林になる可能性もないのにチャンスをうかがうその姿勢に宗教的な感動を覚えてしまうのである。

そんな想いで、雑草の写真を撮っている。

タグ:,

カテゴリー:写真 |  コメント (6) |  投稿者:hyodo

2005年1月19日

新正体不明/赤瀬川原平

マンションのバルコニー
赤瀬川の写真集最新刊が我が家にある。
先週、母が買って帰ってきた。

路上観察的視点は洗練された写真作品になった。
超芸術トマソンは実際ゲイジュツになってしまった。
村田珠光のいう「雲まの月」だ。
武野紹鴎のいう「草の座敷」だ。
「侘び・さび」の次にくる新しい美意識だ。

ここまで言うと嘘になるかな。

でも、絵画、写真、骨董、モダンアートetc…、
何かしらの目明きになりたい人は必読の書かも。
千利休―無言の前衛」という本も著しているし、
勅使河原宏の「利休」の脚本も書いている。

こんな風に書いていると、
彼をよく知らない読者の方は、
お茶の世界の人と思われるであろうが、
実はあまり関係ない。

それでも、現代における
本当の意味での茶人だと思う。

タグ:,

カテゴリー:写真 |  コメント (5) |  投稿者:hyodo

『写真』 の記事

1 2 3 4 5 6 7