2005年2月12日

お腹と背中がくっつくぞ♪

12_0436_1

タピタピタピタピタピーラー♪タピタピタピタピタピーラー♪

この前、私は憂鬱だった。仕事が思っていたより大変だったのである。

ゥーワーォワーォワーォワーォーウェー♪ゥーワーォワーォワーォワーォーウェー♪

おととい、私はフツーだった。理由はない。ただなんとなくである。

プププププププププププププ・・・・・♪(1度ずつ音階を上げていく)

昨日、私は少し不機嫌だった。理由は・・・腹が減っていたのである。

どぉうしておなっかっがへっるのっかな♪

高校生になるまで、「お腹と背中がくっつくぞ♪」の状況を正確に掴めていなかった。『どのような状況下で、腹部の皮膚と背中の皮膚の表面同士が接触もしくは密着するのだろうか?』と思っていたのである。もしそのようなことがあるとしたら、腹と背中の皮膚をずいぶんと引っ張らなければならない。かなりスプラッターな、ハンニバル・レクター博士が大好きな事態になるであろう。この私の誤解をわかっていただけるであろうか?誤解は真実より複雑で難しく想像を絶するものになりがちなのである。

さて、なぜ「ハンニバル」が出てきたかというと、フィレンツェ旅行を計画している母が、「レクター博士がクラリスに贈ったのは、サンタ・マリア・ノヴェッラの薬局の乾燥肌用アーモンド石鹸なんですって!」と、どこかで仕入れた情報を誰にともなくしゃべっていたからである。これにより、私の思考は今日の夕方入手したインドのアーモンド香へ飛び、更に飛躍を続けていった・・・・・・が、話を元に戻そう。

「お腹と背中がくっつくぞ♪」の謎はある日、突然炎のごとく、解けた。友達が「腹減った・・・」と言いながら右の掌で腹を、左の掌で背中を押える、というジェスチャーを目撃したからである。私は、瞬時にそして初めて本当の意味を悟った。そして自分の理解・認識能力のあまりに低さに愕然とした。が、おかしくもあった。

トゥールットゥー♪トゥールットゥル♪トゥールットゥー♪トゥールットゥル♪
今夜、私はゴキゲンである。だから誰にも話さなかったこのことを告白しているのである。
(BGM/ Stereolab: “Sound-Dust”)

※今日から雑草写真スタートです!

タグ:

カテゴリー:音楽 |  コメント (12) |  投稿者:hyodo

コメント


neko

おおお!大丈夫かい?壊れちゃったのかっ?
もっともっと地を出して欲しいわ~~!

2005年2月12日 @ 12:29 PM

nekoさん、
お褒めのお言葉を賜り、ありがとう!
っていうか、あなたからご心配のコメントが、出てくるくらいだから、
ちょっと自粛しますわ。

2005年2月13日 @ 10:37 AM

> 右の掌で腹を、左の掌で背中を押える、というジェスチャーを目撃したからである。
これ、僕もやったことあります。たぶんこの唄が刷り込まれているんだと思います。
ちなみに
> どぉうしておなっかっがへっるのっかな♪
ではなくて
> どぉうしておっなかっがへっるのっかな♪
のように記憶していますが…どうなんだろ。

2005年2月13日 @ 11:14 AM


海綿

今度の写真シリーズは興味あるなぁ。
先日、雑草に目が止まり写真撮ったとこ
だったし。ププププププの歌はあとで
チェックしとこうかな(笑)

2005年2月13日 @ 9:11 PM

taqujiさん、スルドイ!
たしかにそうだ!!
海綿さん、こんにちは。
雑草ってどこにでも生えているんだけど、
なかなかいい写真は難しいです。

2005年2月15日 @ 9:36 AM

こんな感じで一字一字読んでる人は速読法とか無理なんでしょうね…。
できたらいいんだけどなあ。教わればできるのかな。

2005年2月16日 @ 12:00 AM

速読法って、どんなものなんでしょう?
僕は文字を音に変換して頭に入れていますよ。
だから普段から早口なれば、速読が得意になるかも。

2005年2月16日 @ 9:08 AM

速読法というのは、1字1字声に出すように読むのではなく、ページ丸ごと画像として読む感じらしいです。そんなことが人間にできるのか不思議なのですが、できるようになると10倍くらいのスピードで読めるのだとか。
ちょっと憧れますね。

2005年2月17日 @ 7:17 PM

画像として読む・・・羽生善治さんは駒の配置全体をビジュアルで読むらしいですよ。彼は速読法ができるかも。
もし出来れば仕事に便利だな。法規なんかを読むときなどは特に。あんなの読んでいられないしね。
でも、推理小説には不向きかも。

2005年2月20日 @ 1:42 PM


たくみ

どのように悟られたのでしょうか?
無駄な肉がないという意味でですか?

2011年10月27日 @ 1:06 PM

たくみさま、

こんにちは。昔の記事にコメント頂き、
ありがとうございます。

僕は、この歌の該当部分を、腹の皮膚の表面と、背中の皮膚の表面がくっつくものと勘違いしていたわけですが、本当の意味は腹の裏側と背中の裏側が「くっつくぞ」ということをようやく理解したということです。

なんとも説明しがたいですが・・・。

2011年10月27日 @ 4:49 PM


たくみ

イメージは湧きます。笑
返信ありがとうございました。

2011年10月27日 @ 9:03 PM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/66/trackback