2005年5月3日

オレの勝負服!!~秋から冬~

03_1238_02

以前の記事でも申し上げたが、私はひとり寂しく建築設計の仕事を自宅でしている。ここでの仕事着(と言っていいのかどうかはわからないが)は、襟付きのシャツにアウトドア系のパンツである。シャツは極めて普通であるので、ここではあまり取り上げないことにする。問題はパンツである。なぜアウトドア系かというと、大抵、腰紐やベルトが一体となっているのでベルトを通す必要がなく、椅子の上で片足だけ正座したりあぐらかいたりするのに、楽で動きやすいからである。

昨秋、2本目のクライミングパンツを買った。冬が近づいていたので、少し暖かな厚手のものが欲しくなったのである。色は茶の地に黒のラインのチェック、素材はコットン、ウエストベルト付き。 gramicci というアメリカのアウトドアアパレルメーカーの製品である。昨年中央アジアを旅行したときにこのメーカーのショートパンツを持って行ったのだが、履き心地・耐久性・形等とても気に入っている。

外出するときは、大抵 agnes b の定番ジーンズに穿き替える。素材が薄く柔らかく、洗濯による経年変化が良い感じで、形は少し細身の普通のストレートである。仕事で打合せに行くには、リーバイスだとくだけすぎだが、agnes b のジーンズならいいような気がしている。別にagnes bというブランドにこだわりは無く、同じような製品が他社にないのである。だからパンツ以外の agnes b 製品は買ったことが無い。

昨秋、私はお茶を習いはじめた。お稽古の時は正座が基本で、お辞儀したり立ったり座ったりを繰り返す。お茶のお稽古は仕事ではないが、少しフォーマルな場のような気がしていたので agnes b のジーンズを穿いて通っていた。しかし細身のジーンズは正座には向かない。足が痺れやすいのである。それを見かねて先生が、

「hyodoさん、細身のおズボンはちょっと大変じゃないかしら?

「もう少しゆったりしたものを穿いていらしたら」

とおっしゃってくれたので、その後は例のクライミングパンツを穿いて通うことにした。しかしお稽古の時はいつも同じそのパンツなので、

「hyodoさん、そのおズボンはお稽古用なの?」

と今度は聴かれた。先生は『ちょっと悪いこと聴いちゃったかしら』と思われたようで、

「Kちゃん、あなたもhyodoさんみたいなズボン穿いてくればいいのよ!

「hyodoさんに教えていただいたら?」

などと他の生徒さんに声をかけたりして、私に気を使って下さったようだ。

私は月に2度ほどウィーク・デーに東京都心の裏通りや古い住宅地を散歩をしている。散歩に出かけようとしていたある日、玄関で母に呼び止められた。

「あなた、それで出掛ける気?」

「何で?」

「そのズボン・・・」

「散歩だしね。靴もトレッキング用だし・・・」

「デートじゃないの?」

「変かな?」

私は気にせず散歩に出かけたが、散歩パートナーはどのように思っているのだろうか?

どうも評判が悪い私のクライミングパンツ。それでも先日、薄手の春夏ものを買ってしまった。もちろん勝負服ではないが、この世との間に誤解が生じ「勝負服」と呼ばれるようになってしまった。こうなったら徹底的に自分を戯画化して楽しもう!現在シリーズ化を検討中(笑)

タグ:,

カテゴリー:雑記 |  コメント (5) |  投稿者:hyodo

コメント


ホーリー

クライミングパンツ、最高じゃないですか!
お茶には和服をぜひ!

2005年5月4日 @ 2:41 AM

ホーリーさん、こんにちは!
クライミングパンツの良さは男性にしかわからないのでしょうか?
とてもいいんですけどね~。
和服もそのうちそろえなければと思っています。

2005年5月5日 @ 9:33 AM


ねこ

おっ!
あたいも、散歩パートナーに久しぶりに加えてよ。
勝負服で・・・
こないだ、買ったエレガントな帽子で勝負するからさ。

2005年5月6日 @ 2:50 PM

ねこさん、OK!
今度是非帽子をみせて!
そして勝負服散歩大会をやりましょう!

2005年5月8日 @ 2:00 AM

椅子

椅子椅子(いす)とは、人が座る際に使う器具の一つである。一般に屋内で使用されるため家具に分類される。構造的には全ての椅子は座面を持つ。典型的な椅子は四本の脚と背もたれを持ち、しばしばひじ掛けがつく。直に床に座るよりも立位へ移行しやすく活動しやすい。ま…

2005年5月9日 @ 5:36 PM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/88/trackback