2004年12月9日

今年読んでたコラム

09_0749_02.jpg

ウチは朝日新聞なので、その中からお気に入りのコラムと、印象に残った記事をご紹介します。

柳沢桂子「宇宙の底で」
人間の遺伝子には仲間殺しのDNAが組み込まれている、ということを前提に生命倫理の問題を提起していて、「かくれた次元」を読んだときのような刺激を受けました。

梅原猛「反時代的密語」
10月ごろのコラムで、キリスト教やイスラム教のような排他的な宗教では、今後の世界がやっていけなくなる。仏教のような緩やかな宗教が良い、というようなことを書いていて、この人殺されたりしないか、本気で心配しました。

藤巻兄弟「フジマキに聞け」
このおふたりテキトーなこと言っているようですが、これでいいんだと安心をもらえます。こんな漠然とした印象だけで、内容を全然覚えていません。でもお気に入り。

島田雅彦「快楽急行」
傑作中の傑作と言えるコラムがあったのですが、それを忘れてしまいました。その他商店街をカップ酒片手に巡ってフルコースする話は面白かった。真似したい(今年だったかな?)

タグ:,

カテゴリー:雑記 |  コメント (4) |  投稿者:hyodo

コメント


onuma

島田雅彦氏といえば今年の正月明け頃に
「小説群像」のシンポジウムを聴きに講談社に行ったとき
高橋源一郎氏、奥泉光氏と共に「文学のおもしろさについて」
というお題目でディスカッションしていました。
三者三様の軽妙トークに笑いも取りつつでキャラが良い作家さん。
「文学もエンターテイメントである以上、読んでる人への
サービス精神が必要だね」みたいなこと言ってたのが印象に
残ってます。
その後NHKスタジオパークコンサートにゲスト出演した
(コメンテイターで)ときも聞きに行ったりして
何気に島田氏のファンですね。
話のテンポがいいし、可笑しいことも話すし
エンターティナー作家として人を楽しませる話術に長けています。
「楽しいナショナリズム」は古今東西の浮世話を一刀両断と
いった趣の評論集。笑える要素全開です。
政治経済その他諸々よく調べ挙げた上に独自の切り口もあるしね。
この人ロシア好き作家としても知られていますね。
小説にもいくつかその辺りのがあります。

2004年12月9日 @ 2:18 AM

島田氏はテレビで見るといやみな感じがしてましたが、なるほど実物はいい感じなのですね。小説も今度読んでみよう。

2004年12月11日 @ 10:49 AM


GITANES

梅原読んでたのですか。意外な名前が出てきてますね。あの人はドリーマーだから、話半分で聞いといた方がよいですよ、と。
それに仏教って結構過激だと思うけどナ。

2004年12月12日 @ 8:57 PM

GITANESさん、昨夜はおいしいお店へ連れて行って下さりありがとうございました。お御御手の御美しい方にもよろしく。

2004年12月12日 @ 11:42 PM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/41/trackback