2005年3月29日

ERに癒される?

29_1168_03

今週よりNHK-BS2で待望のER Ⅹが始まった。ERはシカゴの緊急救命室を舞台としたアメリカのドラマである。

3年ほど前の土曜日のある日、夜11時ごろ仕事から帰ってきて、なんとなくテレビをつけたらERが放映されていた。以前にも何度か観たことはあったのだが、この日の私はドラマに強力に引き込まれ、疲れて帰宅したのに風呂にも入らず最後まで観てしまった。

ERには昼夜関係なく応急処置の必要な患者が運ばれくる。大抵、銃創、薬物の誤飲、交通事故などの一刻の猶予もない患者である。パワフルなスタッフたちの真剣な様子や機智ある会話、手術シーンの生々しさ等が、スムーズに移動するカメラワークによってその緊張感が現実のように伝わってくる。非常にめまぐるしくて忙しいドラマで、観たことがある人は大抵「観終わったらすっかりくたびれちゃった」と感想を述べる。

しかし、3年前の私の感想は違った。観終わったときに何ともすがすがしく心が晴れ渡り、慰められたのである。仕事で高ぶっていた気持ちは落ち着き、風呂に入ったあと熟睡することもできた。その頃仕事が私の心身を非常に圧迫していたので、私よりも多忙で、私生活でも難題を抱えているERの登場人物たちを観ていたら、「僕の抱えている問題などたいしたことないな」と思考を切り替えることができたのだ。それから土曜の夜は仕事から帰ってくるとテレビをつけ、ERから精神安定剤の処方を受けた。ますます仕事が忙しくなってくると、ビデオに録画して治療を続けた。そんなわけで私はERに癒されたのである。

ひとつ気に入らないことがある。ERのスタッフたちは勤務時間が決まっているので、交代の時刻が来ると代わりのスタッフに引継ぎをして家に帰れるのである。私の場合はそうはいかない。建築設計は終わりが無いので、結局深夜まで仕事をしてしまうことになる。でも、まあ今後も精神安定剤の処方をお願いすることにしよう。

※キルギスが政変による混乱が報道されているが、先ほど首都ビシュケクの友人より連絡が入った。一応収束に向かっている様子。良かったぁ!

タグ:

カテゴリー:映画 |  コメント (6) |  投稿者:hyodo

コメント


tapioka

私も最近、はまっています・・・が、今夜からの放送を早速、見はぐりました(笑)
 息つく間のない展開に毎回、ハラハラしながら見ていますが・・・正直、あのような病院があったら、決して運ばれたくないです。頭の上であんな私情まみれの会話されたら・・・ドラマだから、流せる会話ですが、実際あったらぞっっとしますよね?
 

2005年3月29日 @ 12:44 AM


sakura

抜いたら、道にすてるな。
土の上に捨てなさいな!
これから、必殺カスタードクリームに挑戦。
前回は、できたらスクランブルエッグだった…挫折。

2005年3月29日 @ 2:13 PM

緑色がきれいだなぁ。
ウチに持って帰って植えたいです(笑)
ER、前のシーズンまでは
『疲れるなぁ、キッツイなあ』と思いながら見てたのですが
今シーズンの第1回目にはぐいぐいとひきこまれ
見終わった後はまさに心が晴れ晴れしました。
新しい研修医の女の子になぜか感情移入・・・
あの子、タイプです(笑)

2005年3月31日 @ 4:44 PM

tapiokaさん、
あらあら、すっかり医療業界不振ですね。
実際簡単なオペの際には、執刀医たちは術後の食事の話をしていたりするらしいから。
sakuraさん、
雑草といえども残酷に見えますよね。
カワイソー。そう思うの僕だけかな?
(ぴ)さん、
> あの子、タイプです(笑)
是非見なくては・・・・・・録画してあるのですが、まだ見ていません。
楽しみです。

2005年3月31日 @ 9:33 PM

ビシュケク

ビシュケクビシュケク(ロシア語:”Бишке?к”、英語:”Bishkek”)は、キルギスタン|キルギス共和国の首都。キルギスの北中央に位置し、カザフスタンに近い。人口は約80万人。情報元:Wikipedia……

2005年5月15日 @ 11:57 PM

スローダンスとERについて

写真と本文はまったく関係ありません。 昨日は、日本のエラいおぢさんたちの憂鬱そ

2005年8月11日 @ 12:50 PM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/78/trackback