2005年3月1日

グループ展 “Beginning” に参加します!

01_DM

グループ展 "Beginning" を3月26日~4月10日の間の週末に開催します。

昨年、白金台の美容室 Prospect のギャラリーで、個展とグループ展を行いました。そのときに知り合ったアーティストの方々と「また何かやろう」ということになり、企画した展覧会です。

会場は聖蹟桜ヶ丘にある「アトリエ圭」。オーナーのご好意で、本企画が実現しました。ここはアーティスト・イン・レジデンス、ギャラリー、SOHOなど、様々な活動に使えるアトリエのある集合住宅です。現在の居住アーティストもアトリエ部分をギャラリー等で活用されています。

参加アーティスト、会場へのアクセス、開催時間など、詳しくはこちらをご覧ください。ちょっとわかり辛い立地ですので PDFファイルの地図も用意してます。
3月26日(土)にはオープニングパーティを開きます。 当日は北欧ジャズレーベル NURO を運営する DJ Sarra a.k.a Satoshi Arai, Somar のプレイもお楽しみください。

どなたでもご参加できますので、ご来場くださいませ。

また、上記のDMをご希望の方は、郵送致しますので、こちらのメールへご連絡ください。DMデザインはイラストレーターの今井有美さんです。

「なぜグループ展を開くことになったの?」と、よく訊かれますので経緯を申し上げます。

昨春に私が設計した白金台の美容室 Prospect には、展示スペースがあります。カットブースの鏡がライティングデスクのように開くようになっており、その中に平面作品、立体作品を展示できるようになっています。

この展示スペースを美容室オーナー友人の橋場氏がマンスリー・ギャラリーという企画で昨年9月よりスタートしたところ、立地の良さ、今のところ無料という破格の条件のため好評で、今年のスケジュールは全部埋まってしまっています。

マンスリー・ギャラリーを企画した橋場氏とは、10月に開いた私の写真展パーティーの時に初めて会いました。そのときに、「アトリエ圭というスペースがあるのですが、そこで一緒に何かやりませんか?」とお誘いを受けました。私は非常に驚きました。というのは、アトリエ圭は私がスタジオ宙のスタッフだったときに担当した建物だったからです。よく話を聴いてみると、彼はアトリエ圭オーナーの娘さんの元同僚であることがわかりました。もちろん彼は私が設計に関わった建物だとは知りませんでした。

橋場氏との偶然の出会いのことを、アトリエ圭のオーナーにお話したところ、「是非何かイベントをやってください」とおっしゃってくださいましたが、そのときは企画までには至りませんでした。

昨年12月に Prospect でクリスマスをテーマでグループ展を開いたところ、参加アーティスト、パーティー出席者ともに楽しかったようで、また近いうちにやりたいとの声が上がりまして、アトリエ圭でのグループ展を橋場氏の企画、私の展示プロデュースという形で開く運びとなったというわけです。

みなさまのご来場をお待ちしてます。是非お越しください。

タグ:

カテゴリー:アート |  コメント (9) |  投稿者:hyodo

コメント

クリスマスは残念ながら行けませんでしたが
今回はぜひ遊びに行かせてくださいませ!

2005年3月1日 @ 9:46 AM


匿名

お久しぶりです。
人形町の時の、パクオです。
面白そうなイベントですね。是非お邪魔させてください。
非常に興味深い顔ぶれですね。大塚さんの作品は一度見たことがあって、大変感銘を受けました。
楽しみにしております。

2005年3月1日 @ 8:59 PM


mumumu

そんなふうに繋がるなんてすごいわ!
と単純にびっくりしてしまいました。
タイミングがあえば、ぜひお邪魔したいかんじです。

2005年3月1日 @ 10:59 PM


今井有美

へえ。そんな経緯があったんですね。
断片的な情報がつながった感じです。
橋場さんと兵藤さんは赤い糸でつながっています。間違いなく。

2005年3月2日 @ 8:48 AM

(ぴ)さん、是非お越しください!!
僕が会場にいる時間も後でご連絡します。
パクオさん、いらっしゃい!
是非、是非お出でください。お待ちしてます!
mumumuさん、結構お近くですよね(たぶん)。
オーバさんにも声かけます。
クリスマスの時は来てくれたんですよ。
今井さん、あら経緯をご存知なかった?
その節は何度も訂正をお願いしまして・・・
おかげさまでDM完成しましたね。嬉しいです!

2005年3月3日 @ 1:18 AM

こんばんは、
いやー正に、兵藤さんとの偶然の出会いから
今に至る過程が書かれていますね。
「偶然は必然だ」と言う言葉がありますが、昨年正に偶然と必然の絶妙なタイミングでしたね。
何か新しい感性が動き出すときに発する生物的なエネルギーに人を吸い寄せる力が働くと言うのならば、
感性と言うのは物理学なのかもしれませんね。
まだまだこれからも楽しい時間を過ごせるようお互いエモーショナルに頭をドライビングさせましょう!

2005年3月9日 @ 11:12 PM

hashibaさん、こんばんは。
いつもコメントに励まされたり、新しいことを感じたりしています。ありがとうございます。
展覧会まであと2週間です。
楽しみですね。

2005年3月13日 @ 11:43 PM


k+y

自分のブログにアップしておきました。
問題ありそうな部分はご指摘ください。

2005年3月31日 @ 10:30 AM

k+yさん、よい記事を書いていただき
ありがとうございます。
是非遊びに来てくださいね。

2005年3月31日 @ 9:35 PM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/68/trackback