2005年1月7日

正月観た映画ーシッピング・ニュースー

05_IMG_1308

シッピング・ニュース」(ラッセ・ハルストレム、2001年)を観た。

ラッセの作品は「ショコラ」、「サイダーハウス・ルール」も観ている。
どちらも気に入っている。感想はというと・・・

■感想文 レベル1
99円でレンタル。安い。文教堂エライ。
「サイダーハウス・ルール」も99円で観たっけ。
「ショコラ」は映画館で観た。

■感想文 レベル2
そういえば「ショコラ」を観に行ったとき、
映画館のエレベータで
某有名建築家が奥様ではない若い美しい女性を連れていたのに遭遇したな。
彼らは「ハンニバル」を観に来たようだったけど、
どうやら怪しい関係とみた。

■感想文 レベル3
ウェイヴィ役のジュリアン・ムーアはイイ女だな。
年齢より若く見えるし。
「ハンニバル」でのクラリス役はちょっとと思ったが、
それは「羊たちの沈黙」のクラリス役ジュディー・フォスターに
私が入れ込み過ぎていたからそんなふうに思ったのだろう。

■感想文 レベル4
吹き飛ばされてしまうあの家は、どんな象徴性をもっているんだ?
過去のいろいろな事件を記録してきた家じゃないか。
トラウマを克服したということを
家の倒壊によって表現しなかったほうがいいような気がする。
むしろ手入れされて美しくなって欲しかったな。

クオイルとアグニスは癒されたのは、
島で出会った人たちの思いやりだよ。

■感想文 レベル5
クオイルは弱くて支配されがちな人物だけど、
環境が悪い中でもひねくれないし、相手を非難しないし、
何しろ一途に愛せるし・・・
彼はスーパーマンだ!

カテゴリー:映画 |  コメント (4) |  投稿者:hyodo

コメント

ラッセの作品、私も好きです。
いちばんのお気に入りは「ギルバート・グレイプ」。
ジュリエット・ルイスが可愛かった・・・♪
ラストへのもっていきかたが「シッピング・ニュース」と似てる気がします。

2005年1月7日 @ 1:22 PM

(ぴ)さん、ラッセは北欧人なのですね。
アメリカ映画だからアメリカ人と思っていました。アメリカ映画を見直していたのに・・・・
「ギルバート・ブレイク」探してみます。

2005年1月8日 @ 12:15 AM


k+y

「ショコラ」、「サイダーハウス・ルール」、「シッピング・ニュース」、どれも観たいですね。ラッセ作品結構好きです。
「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」、「ギルバート・クレイプ」も
なかなか良いですよ。「ギルバート・クレイプ」には
ジョニー・デップ、ディカプリオが今となっては夢の共演してます。
この時のジュリエットルイスという女優がホントかわいいんですよ。
この映画でも確か家が・・・。監督にトラウマでもあるのかな。

2005年3月31日 @ 1:06 AM

k+yさん、こんにちは!
ラッセは結構人気ですね。
家が意志を持つような物語って、
なんだか不思議な魅力がありますよね。
「ギルバート・クレイプ」観ます!

2005年3月31日 @ 9:38 PM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/54/trackback