2004年12月2日

私の好きな武田百合子

02_IMG_1680.jpg

師走になったのでそろそろ今年一年を振り返ってみたい。今日は今年出会った作家を取り上げることにする。一番心に残った人は武田百合子である。私のプロフィールの好きな人欄にある方のことである。

ロシア旅行の前に紀行文でも読んで少しは勉強しようと思い、新聞の読書欄でたまたま見かけた「犬が星見た―ロシア旅行」を手に入れた。読み始めてすぐに、これはいわゆる現地情報を仕入れるための旅行記としてはあまり役に立たないことに気が付いた。まるでおとぎ話のような旅行記なのである。非日常がくつろいだ日常のように翻訳され、ツアーでたまたま居合わせた人々は、家族のようにやさしい眼差しで描かれている。行く先々に形成される著者の私的空間が、読者の周囲に立ち現れ、沙漠のような異郷が身近な場所であるかのようで、その土地に親しみを覚えてしまうのだ。

長く旅行をしていると、普通の(こんな辺境を旅行していること自体は、普通とはいえないのだが)旅行者と違うレベルで旅行している人にごく稀に出会う。彼らの特徴は、いつもそうしているように朝食を取り、人々と関わり、子どもをたしなめたりすることである。見かけは大抵の場合、人種的に旅行者と判るが、振る舞いが現地に馴染んでいるのである。現地に馴染んでいるような、人々に愛されているような旅行者は大勢いる。そのような旅行者と彼らは違う次元であるということを念押ししておきたい。旅行慣れしているとか、何年も海外生活をしていたとか、文化人類学に興味があるというのも、ほとんど彼らの性質とは関係ないのである。

今までどのように周囲と関わりながら生きてきたのか?そのような人に対して、私はとても惹かれてしまう。武田百合子とはそういう人だ。

タグ:,

カテゴリー: |  コメント (6) |  投稿者:hyodo

コメント


へーー・・・私は読んだこと無いけど読んでみよう。
新しい人を紹介されるのはいいよね。
自分のあたらしい道が開かれるようで・・・

2004年12月2日 @ 9:45 AM

私も武田百合子、大好きです。
「富士日記」がはじめの1冊でした。
どの作品にも共通するのですが、
人が生きていくこと、生活していくことって、
こういうことかもしれない、と思います。
なんだか、うまくいえないのですが。

2004年12月2日 @ 11:27 AM

猫さん、是非是非。サマルやブハラも出てきます。お貸ししましょうか?
むむむさん、フラワーではどうも。恥ずかしながら、僕は今年初めて読んだのでした。富士日記はまだ上巻です。
おっしゃるように日常を楽しむことが生きていくコツなんでしょうね。世の中はサプライズばかりを求めすぎです。

2004年12月2日 @ 3:13 PM


onuma

武田百合子さん面白そうな人だねぇ。
この写真のドアを見ると小さいときこの様なドアが板チョコに
見えてしょうがなかった頃がありました(食いしん坊だった?)
このドアもかなり美味しそう。おかし(お菓子?)なことに
直角に蝶番の様についている!!
一方のドアは鏡みたいで、だまし絵(トリックアート)っぽいね。
魔女のお菓子の家を作るならドアは絶対に板チョコだよなー
と考えることしきり。だけどグリム童話の頃って板チョコは
まだなかったんだろうか。。。

2004年12月2日 @ 5:43 PM

確かに板チョコに見える!気が付きませんでした。
しかし、このドアの関係性はかなり不思議でしょ。

2004年12月3日 @ 2:06 AM

富士日記 / 武田百合子

富士日記〈上〉中公文庫 〈中〉 〈下〉【内容(「BOOK」データベースより)】夫武田泰淳と過ごした富士山麓での十三年間の一瞬一瞬の生を、澄明な眼と無垢の心で克明…

2004年12月13日 @ 11:13 AM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/33/trackback