2004年11月8日

失楽園 風景表現の近代1870-1945

08_0792_05.jpg

近年の風景表現に至までの歴史を知るのに絶好の企画展である。
(横浜美術館12月12日(日)まで)
空虚を超えての風景美を探究する者に
とってのヒントが散りばめられている。
気になった展示作品は、
ルノアール「木かげ」・・・(私はルノアール嫌いだが、これは別)
岸田劉生「門と草と道」
ウェストン「石膏工場」
木村伊兵衛「墓場」

タグ:

カテゴリー:アート |  コメント (0) |  投稿者:hyodo

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/15/trackback