2006年1月15日

年始に行った美味しいお店

1123-c03.jpg

正月早々3日を過ぎた辺りから風邪でダウンしてしまいました。私にしては珍しく1週間近く不調でした。未だに完治とは言えない感じですが、出張に行ったり新年会に顔を出したりして、リハビリに努めております。やはり年末年始はゆっくりしないとダメですね。忙しくしていた上に毎日飲んでいたのが風邪の原因かと思っております。皆さんもお気を付けください。

さて、年末もそうですが、新年はおいしいものを食べたくなります。今年行ったオススメのお店をご紹介。

後楽園 たん熊
点初式の後にお茶の先生に連れられて京懐石を頂きに行きました。東京ドームホテルの中にあります。懐石料理はなぜか上品な奥様方が頂くようなイメージが先行してしまうのですが、日本酒を飲みながら綺麗に盛りつけされた料理をつまむ感覚でもいいような気がします。意外に懐石は経済的ですよ。この日美味しかった品は帆立真蒸、造りの鯛、焚合でした。

恵比寿 中国茶房8
かつて旅先で出会いカンボジア・ベトナムを一緒に巡った中国事情に詳しいイータン氏とご同僚のロシア専門家M氏とそのご友人3人の総勢6人で北京ダックを食べに同店へ。水餃子3ヶ100円、小皿200円とメチャ安だが旨い。北京ダックは 1匹3680円。皮パリパリでソースも良し。炒め物、スープまで満足。紹興酒もやたら進みます。かなりオススメ。また行きたいです。

目黒 aunt MIMI
目黒に行った時に時々立ち寄るカフェ。1000円のランチがオススメ。トマトのミニサラダ(本当にちょっとしたものなんだけどドレッシングが美味しい)、野菜のマリネ(ランチで野菜がちゃんと食べられるところはあまりないと思う)、メイン(5種類の中から選ぶ)、味噌汁、玄米飯、デザート、ティーorコーヒー。家庭的な味付けなので何度でも通いたくなります。

今日の写真
ウズベキスタンの古都ヒヴァの工房で作られている非常に凝ったスザンニ。時々このブログにコメントを頂くねこさんは現地で出会った方なのですが、スザンニを熱く語るので興味を持ちこの工房を見学しに行きました。この方は布やアクセサリーなどいいものをよくご存じで、彼女のコレクションは銀座アフタヌーン・ティーGSや六本木AGITOなどにも置いてあるとのこと。

やはりヒヴァでお会いした刺繍作家の中山先生も中央アジア周辺の布をコレクションなさっていて、ご自分のギャラリーにて展示をされています。先日、NHK教育の「おしゃれ工房」で講師として出演されていました。

タグ:

カテゴリー:料理 |  コメント (0) |  投稿者:hyodo

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/138/trackback