2006年2月6日

神戸のスイーツ

1123-c03.jpg

この週末に神戸へ行ってきました。とても寒かったので三ノ宮と元町の間を行ったり来たりしただけでしたが、初めての街だったので結構楽しめました。寒い時はどうしてもカフェに立ち寄りたくなるものです。神戸はいわゆるはやり系のカフェはあまり見かけませんでしたが、ケーキ屋が軒を連ねており、その店舗数は驚くほど。常に徒歩1分以内の場所にケーキ屋はあります。大抵ティールームを併設していて、しかも結構混んでいます。今回は、私が立ち寄った洋菓子店のご紹介。

アンテノール神戸店
アンテノールは私の地元の川口そごうの中にもあるので良く買いますが、ティールーム併設の神戸店へ遅い夕食の後に行ってみたところ、まだ開いていたので嬉しくなり入ってしまいました。夜11時まで営業とのこと。歓楽街にあるので、窓の外の客引きのお兄さんお姉さん方を眺めながらのデザート・タイムとなりました。それに気を取られていたせいか、このとき何を食べたのか思い出せず・・・・。

エスト・ローヤル・ドゥズィエム
春節祭でにぎわう中華街を迂回していたら出くわしたお店。ショーケースに並ぶガスコーニュに魅せられ入店。ガスコーニュとはフランス南西部のパティセリーで、薄いパイ生地に果物が包んで焼いたもの。カフェではアイスクリームが2種類添え、温められて出てきました。クリームなどの脂肪分をほとんど使っていないので、さっぱりとした味です。あまり甘くないのでふたつ食べられそうです。そうすればランチ代わりになるかも。ショート・ケーキも美味しかったです。

御影 高杉
Yの友人Kさんに連れて行ってもらった御影駅近くの高級住宅街にある店。ティールームは混んでいたので、Kさん別宅にて夕食後のティータイム。ビターチョコレートの艶やかなカラメルポワールをいただきました。至福のときは早く過ぎ去り、余韻を楽しむヒマもなく、帰りの新幹線へ急ぐのでした。

今日の写真
ウズベキスタンの古都ブハラの旧市街でのひとコマ。旧市街は道が曲がりくねっていて複雑ですが、迷う楽しさもあります。

タグ:

カテゴリー:料理 |  コメント (0) |  投稿者:hyodo

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/131/trackback