設計の流れ

ご相談から設計 ― 着工 ― お引き渡しまでの流れを順を追ってご説明します。
プレイン・ハットの設計の流れも下記と同様ですが、期間が全体で約半年になります。

photo

1. 事前相談、ヒアリング

住まいの悩みやわからないこと、建てたい家・作りたい店のこと、どのように暮らしたいのか?使いたいのか?などをお聴きかせ下さい。具体的な要望でも感覚的なイメージでも何でも結構です。建設予定地が決まっている場合はその資料を、リノベーションの場合は現状の平面図や写真をお持ちください。設計やデザインだけではなく、法律、施工、予算計画等、建築計画に関する全ての相談に応じます。

photo

2. 現地調査・・・・・・約 1週間

計画している敷地に関する情報 (敷地境界、用途地域、道路、水道等のライフライン、地盤調査) を役所などで集め、法規をチェックし、どのような建築計画が可能かを調べます。また地盤強度を調べる必要がある場合は地盤調査を行います。

photo

3. 事前プレゼンテーション・・・・・・約 2~4週間

お客様の要望やイメージをまとめたヒアリング資料と現地調査を元にプランニングをします。それをご覧頂き、意見・感想を伺います。ご希望により、2~3案を提案いたします。ここまでは無料ですので、お気軽にお問合せください。

提出資料:
スケジュール表、予算書、現地調査報告書、配置図・平面図と 3Dグラフィック又は模型によるプレゼンテーション資料

photo

4. 設計・監理契約

基本設計(前半)でのプレゼンテーションを気に入って頂き、更に計画を進めることを了承頂けましたら、更に住まい方やデザインを進めるために、クライアント(お客様)と設計事務所(兵藤事務所)のあいだで、建築設計・監理業務契約を結びます。
建築設計やデザイン提案だけでなく、確認申請等の法的手続き、見積の査定・減額、工程調整、など、クライアント(お客様)に負担の掛かる煩雑な業務を責任を持って代行いたします。

提出資料:
建築設計・監理業務委託契約書 及び 約款(四会連合会書式)

ここから先の業務は、設計監理料が発生します。詳しくは、こちらをご覧ください。

photo

5. 基本設計・・・・・・約 1~3ヵ月

1~2週間毎に打合せを開き、提案をご覧いただき、要望・意見・感想を伺います。これを5回ほど繰り返すと、だんだんプランがひとつの案に落ち着いていきます。このプロセスは、大変重要で、具体的な案を何種類も検討していくうちに、今まで見えてこなかったものやことに気が付くことがあります。ご納得いただくまで何案もプレゼンを作成し、何度でも打合せを継続させて頂きます。

提出資料:
スケジュール表、概算見積書、仕様書、平面図、立面図、断面図、イメージスケッチ、3Dグラフィック、模型、各種仕上げ材料サンプル等

photo

6. 実施設計・・・・・・約 2ヵ月

基本設計を元に、建物の構造、仕上げ、設備等の仕様を決定し、見積り・建設が行えるように具体的な設計を進め、実施設計図をまとめます。

提出資料:
実施設計図一式(概要書、仕様書、仕上表、平面図、立面図、断面図、展開図、詳細図、電気設備図、機械設備図等(木造 2階建て住宅で、約 30~50p))

photo

7. 確認申請・・・・・・約 2週間

建築基準法に計画建築物が準じているかチェックし、確認申請書を作成し、確認検査機関から確認済証を取得します。長期優良住宅、住宅性能表示に適合させる場合もこの時に申請書を作成します。その他必要に応じて、地区計画届、道路や隣地境界の確定などの法的手続きをします。

提出資料:
確認申請書や長期優良住宅等の申請書の副本

photo

8. 見積、工事金額調整・・・・・・約 1~1.5ヵ月

実施設計図を信頼できる工事会社に提出し見積書を依頼します。適正金額かどうかを検討し、必要に応じて施工例を見学し、工事会社を選びます。ある程度の工事規模の場合は3社以上の入札方式をお奨めしていますが、1社特命も可能です。予算をオーバーした場合は、施工会社のVE(代替提案)を評価や仕様の再検討により、工事費の調整をします。
工事会社の選定は、お客様の意向をふまえ、ゼネコンクラスから街の工務店まで、建物の構造規模や工事の難易度、見積書内容、VE、施工例などを元に総合的に行います。

提出資料:
各社積算書、見積比較検討書

photo

9. 工事契約

兵藤事務所は、工事会社の工事請負契約書(見積書、支払い条件、スケジュール等)をチェック、作成指導・助言を行い、最終確認します。その後、お客様と工事会社が工事請負契約書を結びます。兵藤事務所は、契約時に立ち会って証人になります。

提出資料:
工事請負契約書(工事会社より提出)

photo

10. 設計監理(着工~竣工)・・・・・・約 3~6ヵ月

工事会社が建設工事をする期間、兵藤事務所は、建築物が設計図・スケジュール表・見積書の内容のとおりに工事が施工・進行しているかどうか監理します。そのために工事会社と毎週定例打合せを開き、設計図書を元に設計意図を工事会社に明確に伝え、品質管理、スケジュール管理に参画し、工事が適正に行われるように監理します。クライアント(お客様)を随時工事現場に案内し、進捗状況をご覧いただくと共に、実物カットサンプルでの仕上げ材料を選んで頂きます。中間検査立会い、報告書提出、変更があった場合の検討・設計などを行います。
その他、地鎮祭、上棟式などの神事のアドバイスも致します。

提出資料:
監理業務報告書、実物カットサンプル、現場用詳細図・スケッチ等

photo

11. 設計監理(検査・引渡し)・・・・・・約 1週間

お客様立会の下、兵藤事務所が竣工検査し、合格であれば工事会社がお客様に建物を引渡します。工事不良がある場合は、その箇所を再度工事をさせます。また確認検査機関の完了検査を受けます。

提出資料:
竣工検査報告書、完了検査済証等の検査機関発行の済証一式(兵藤事務所より提出)
引渡し証明書、住宅瑕疵担保責任保険証、各種設備機器取扱説明書・保証書等(工事会社より提出)

photo

12. メンテナンス

引渡しから 1年後、2年後に兵藤事務所、工事会社が検査を行います。
不具合や相談等がございましたら、いつでも修理、応対致します。
定期的に必要な外部木部塗装等のメンテナンスだけでなく、壁紙の張り替え、設備機器の交換、家族形態の変化によるリフォームや増築などもご相談ください。

埼玉県川口市の一級建築士事務所 兵藤善紀建築設計事務所