photo

山下のマンション・リノベーション

横浜市に計画中の夫婦+子ども2人のためのマンションのリノベーションです。

山手のマンション・リノベーションをご覧いただいたご夫婦からご依頼を頂きました。

2019年3月現在、基本設計が進んでいます。プランはD案に収斂し、ディテールをまとめている段階で夏に完成予定です。

寝室や子ども室をコンパクトにまとめ、広く変化のある LDK を作ります。リノベーションで位置をコントロールできない構造体(壁の凹凸や天井の梁型、柱型)やパイプシャフトを、広く一室空間である LDK を微妙に分節する要素として意識的に利用しています。

photo

リビングからダイニング、キッチンを見る(D5b案)

ダイニング・スペースの天井廻りのデザインがようやく決まりました。梁・柱型・PS の段差を曲面でまとめました。フローリングは D5 案より少し赤身のあるカリンになりました。

photo

リビングからテレビ台を見る(D5b案)

梁・柱型の曲面処理は、テレビ台の後ろの壁まで続き、間接照明を天井を照らすように変更しました。テレビ台の後ろの壁はトラバーチンに決まりました。

photo

リビングからダイニング、キッチンを見る(D5案)

ダイニング・スペースの天井を低くしてアクセントにしています。フローリングは濃い茶色の樹種になりました。上図は丸天井バージョンです。

photo

リビングからダイニング、キッチンを見る(D5案)

上図は格子天井バージョンです。

photo

photo

photo

リビングのテレビ台(D5案)

テレビ台を設置する壁は他の壁と比べて独立しているような印象とし、素材を石、左官、板などを検討しています。

photo

ダイニングからキッチンを見る(D3案)

キッチンは対面式でありながら存在を感じさせないデザインと距離感にしてあります。

photo

ダイニングからリビングを見る(D3案)

LDK を更に広く感じるられるよう、子ども室とリビングのプライバシー調整を考えて、仕切りの上部をガラスランマとしています。リビングのテレビを置く場所の壁は存在感のあるタイルを検討しています。

photo

キッチンからダイニングを見る(D3案)

対面キッチンからダイニング、リビングまで見通せ、バルコニーに面した風通しの良い LDK です。

photo

洗面室(D3案)

ふたつの洗面器が家族のコミュニケーションを豊かにします。オープンとクローズドの収納を用意し、隠したいものとすぐに手に取りたいものに分けられるようにしています。カウンターの下はオープンにして、狭く感じやすい洗面室にわずかながら広がりを与えています。洗面台の左手はキッチン、右手には洗濯乾燥室となっており、機能的な家事動線になっています。

埼玉県川口市の一級建築士事務所 兵藤善紀建築設計事務所