『青色申告』 タグの記事

2016年2月20日

青色申告ソフト「エクセル簿記」の薦め

エクセル簿記スクリーンショット
私は建築設計事務所を営んでいる個人事業者である。今年も確定申告の季節がやってきた。昨年まで青色申告に必要な帳簿や決算書など書類の作成は妻に依頼していた。諸事情により、昨年分、つまり今年の3月15日までに提出しなければならない分から私が帳簿を付け、決算書を作成することになった。

当初は「やよいの青色申告」を使っていた。

以前に地元川口市の支援プログラムで税理士さんに指導してもらって、2007年より「やよいの青色申告」(以下「やよい~」) で妻に帳簿を付けてもらっていた。しかし昨年分より「エクセル簿記」に切り替えた。切り替えた理由について下記に述べる。

昨年の春より私が帳簿を付けることになったので、時々「やよい~ 」を使うようになった。ちなみにバージョンは 2007年当時のものである。初めて「やよい~」を操作した時、かなり違和感があったのを憶えている。その違和感は、半年分の消耗品のレシートを入力してみても拭えなかった。次にその理由を列記する。

  1. データがどこに保存されているのか?任意のフォルダにする場合はいちいち設定しなければならない。もちろんアプリを起動すれば自動的に本年度のデータが開くのだが、どうも釈然としない。
  2. 「簡単」と謳っているが、操作を覚えるのが結構大変。
  3. Excel に慣れている身としては、セルへの入力や編集がやりにくい。
  4. なんだか無駄なアイコンやメニューばかりが目立つ。

上記のような違和感があったこともあり、そろそろバージョンアップしたほうがいいかもと思い、他の会計ソフトも含めて調べてみた。すると「やよい~」はサブスクリプション契約のクラウド版があったり、「freee」 という google の元社員が起業した新興クラウド会計ソフトがプレゼンスを増していたり、他のソフトは両者より価格を安くして対抗していたりすることが分かった。とにかくどれも簡単・自動化を謳っており、高機能で凄そうだ。

青色申告に専用ソフトは必要なのか?

ここでふと思った。MS Office Access の青色申告テンプレートはないのだろうか?もしくは Excel マクロは?Access はデータベースソフトなので難しそうだが、Excel だったら普段から使っているし、複雑な科学技術計算やデータ解析にまで使われているそうだから機能的にも問題ないだろう。そもそも青色申告は専用ソフトなんか必要ほど難しいことなんだろうか?

そこで検索しているうちにたどり着いたのが「エクセル簿記」という Excel ファイルの会計ソフトであった。ソフトウェアといってもマクロファイルでもなくセルに数式が記述され入力制限等を設定した xls ファイルであった。青色申告には、専用アプリどころかマクロも必要ないのである。しかもクロスプラットフォームで、Excel と Apache OpenOffice Calcで使用できる。漸くまとも身の丈に合ったソフト(実はデータファイルでしかない)に出会ったと感じた。

必要なの会計ソフトの操作方法ではなく、複式簿記の知識

実際の使用には、複式簿記の概念の理解が必要である。話によると簿記 3級程度の知識があるといいのだそうだ。実際は、マンガ解説本でも小一時間で読んで概要を理解し、仕訳ができるようになればほとんど問題はない。「やよい~」の操作方法を覚えるよりずっと楽だ。そもそも「やよい~」でも複式簿記は必要知識である。

僕が読んだ簿記・経理処理の書籍は、「マンガでわかる! はじめての簿記入門」と「フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました」の2冊。どちらも青色申告者に必要な知識と情報がやさしく解説されていて、会計処理初心者の僕にはとてもありがたかった。

エクセル簿記の使い方

エクセル簿記」は、そのままで青色申告対応している会計ソフトなので、個人事業者にとって実に使いやすい。しかもフリーである。カスタマイズや月毎の決算書などが必要な場合は、2,160円のマニュアルをダウンロードし解説を読めばよい。

xls ファイルは、仕訳帳と決算書、総勘定元帳、固定資産台帳のシートだけで構成されているシンプルなもの。基本的に仕訳するだけで、決算書(損益計算書、貸借対照表)シート切り替えるだけでリアルタイムで確認できる。ちなみに「やよい~」はいちいち決算書作成をしてプレビューする必要があったが、仕訳が 1万件あったとしてもそんな計算一瞬だろうになんでそんな操作が必要なのか?「freee」 は自動化やスマホアプリでどこでも操作を謳っているが、青色申告ごときでそんなに自動化が重要には思えないし、「エクセル簿記」の xls ファイルはスマホで操作可能である。

「エクセル簿記」はタダの xls ファイルである。この表現は開発者を貶めているのではなく、逆に開発者の技術力を讃え、良心に感謝し、同時に冗長な他の会計ソフトに異議を唱えたいという思いからだ。シンプルな会計ソフトを求めているのは、個人事業者だけでない。法人もユーザーも多いようで、導入ユーザーリストを見ると有名IT企業や大企業も散見される。

そして結論

「やよい~」や「freee」は、簡単・自動化を謳っているが、税理士に依頼できない財政事情の青色申告者を混乱させているようにしか思えない。今回「エクセル簿記」に出会って本当に時間の節約になって助かり、しかも経理を理解することができた。Excel が使用できる方なら「エクセル簿記」がお薦めである。

タグ:

カテゴリー:雑記 |  コメント (0) |  投稿者:hyodo

『青色申告』 タグの記事