2004年11月19日

草間彌生のデミタスカップ

19_0776_0004.jpg

ときどき、エスプレッソを入れる。カフェ・ナポリターナで入れる。豆はカルディーのアイスブレンド。確か200g430円。確か豆を挽く粒度は5番。火にかける。お湯が沸く。ポットをひっくり返す。お湯がフィルターを通る。コーヒーが落ちる。全部落ちる。ポットに溜まる。草間彌生のデミタスに注ぐ。

—————————————————————–
ある日、母から携帯に電話がかかってきた。
「もしもし」
「あんた、ちょっと」と母。
「どう思う?」
「何が?」
「コーヒーカップ!」
「何?今ね忙しいんだけど」
「草間さんの」
「何のこと?」
「あるのよ」
「・・・・・」
「1脚3万なんだけど・・・」

ようやく話が飲み込めてきた。そこでたずねる私

「で、エディション付いてるの」
「エディション?150脚限定でちゃんと番号がついてるのよ」
「そう、だからそれのこと。それがエディションだって」
「それでね今3種類あるの。どれにしようかしら?」
「さあね。全部買えば」
「そうね。そうよね、そうすればいいんだわね」電話切れる。

そうして母は本当に全部買ってきた。
それらは白地に赤い網目のカップ、黒字に白玉すだれのカップ、黄色地に不規則な黒水玉のカップの3脚であった。

—————————————————————–
デミタスに砂糖をたっぷり入れる。ちょっとだけかき混ぜる。少し飲む。全部飲む。溶けかけの砂糖がカップの底に溜まっている。スプーンですくう。なめる。これが旨い。

タグ:

カテゴリー:アート |  コメント (7) |  投稿者:hyodo

コメント

トラックバックありがとうございます。
草間彌生のカップで飲むエスプレッソ、贅沢ですね。
貧乏性の私だと、使わずに取っておきそうです。

2004年11月19日 @ 6:56 AM


使ってあげると、カップも喜ぶよね!
お気に入りのカップで飲むと、更に美味しく感じるからフシギだなぁ
それに、シフォンケーキついたら・・いいよね!

2004年11月19日 @ 8:45 AM


hyodo

pizzさん、「現代アート道楽の日々。」すごいです。これからは、事前チェック入れてから、美術館へ行こうと思います。
猫さん。今日はこのコメントを見る前に家を出て、よかったです。お誕生日には差し上げますので、リクエストをどうぞ。
カスピ海ヨーグルトは長生きさせるように!!

2004年11月19日 @ 11:40 PM

「草間彌生―永遠の現在」展

東京国立近代美術館で開催中の「草間彌生展」ー永遠の現在ーに行って来ました。
 
本館の掲示板でお世話になっているじゅんさんの立案
「草間彌生オフ」…

2004年11月21日 @ 10:09 AM


Tak

TBありがとうございます。
高いですねーーそんなにするのですか~
私、もし手に入ったとしても、
もったいなくて使えませんね、きっと。
こういったカップを出す喫茶店とか
あれば、通ってもいいな~

2004年11月21日 @ 10:12 AM

個展「草間弥生EXHIBITION」

草間弥生は無限の網目模様や水玉からなる作品を発表し、その後もソフトスカルプチュア的作品など独自の世界観を展開し、ポップアートや環境芸術の分野などで活躍するアーテ…

2005年3月27日 @ 7:04 PM

Do you recognize that this is correct time to receive the loan, which can help you.

2010年8月24日 @ 4:10 PM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/26/trackback