2010年5月20日

解像度 1920×1200 の格安液晶モニター

ProLite E2607WS
amazon の商売は、上手いものです。

先日、書籍を調べようと思って、amazon のサイトにログインすると、以前調べたPC用のちょっと大きめの液晶モニター(解像度 1920×1200、25.5 インチ)が画面に表示され、価格がなんと2万円台!財布の紐がキツイ僕も衝動買いをさせられてしまいました・・・amazon 憎し。購入した機種は、iiyama PLE2607WS-B1 です。

僕が購入前に使用していたモニタ解像度は、1600×1200px でしたので、縦のピクセル数が1200px あるモニターが欲しかったのです。実際、画面の縦が長いと、ウェブをスクロールする量も少なく、コーディングもしやすいです。特に CAD はパレットの配置の自由度が上り、用紙プレビューが見やすくなりました。

昨年位から、ハイビジョン解像度の 1920×1080 は異常なまでに安くなり、1万円台に突入したので、こちらで妥協しようか・・・、ダブルモニタにするか・・・でも1080はイヤだな・・・かといってダブルは場所を取るし・・・など悩んでおりました。狙っていた 1920×1200 は製品ラインナップが少なく、安くても5万円位していたと思います。それが、2万円台とは嬉しい限りです。

使用感ですが、最初、画面の上の方が暗く、下の方が明るいという、輝度のムラがあり「これは困ったな」と思っていましたが、3日間程でそのムラは無くなりました。なんでもそうですが、人間の五感で情報を得る機械は少しエージングが必要なようです。現在、目が疲れないように、ECOモードよりもコントラスト・輝度を落として 50%以下にして使用していますが、暗めにしても隅々まで見やすいです。内臓のスピーカは、思っていたより音質が良いです。

ProLite E2607WS 背面
ちなみに裏側はこんな感じです。画面の高さは変えられないので、厚さ3センチの板の上に置いて高さを調整しました。

デスク上を広く使いたいので、現在、下記製品を検討中。どこのモニターアームメーカーも、変換アダプタの価格がアームと比較して高すぎるような気がするなぁ。

タグ:, , ,

カテゴリー:コンピュータ |  コメント (1) |  投稿者:hyodo

コメント

I don’t know who you wrote this for but you helped a brohetr out.

2017年3月31日 @ 3:08 PM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/189/trackback