2004年11月7日

原卓也の死(10月26日)

07_0792_04.jpg

「カラマーゾフの兄弟」の訳者(新潮)である。
外国文学の訳者で、誰なのか初めて気になった人だ。
私の気に入っているシーンは、ドミートリイとカテリーナの「宿命的な日」とリーザがイワンへの手紙をアリョーシャに渡した後、ドアで指をつぶす場面だ、などと言ったら、変だろうか?

タグ:

カテゴリー: |  コメント (5) |  投稿者:hyodo

コメント


t-space

書き込みできるようになりましたね。

2004年11月7日 @ 5:57 PM


hyodo

あ、本当?よかったです。ニフティ側の問題ですね。

2004年11月7日 @ 6:11 PM

i like this photo!

2004年11月15日 @ 4:07 PM


hyodo

Thank you!

2004年11月15日 @ 4:34 PM


akikow

こんにちは。mixi経由でやってきました。
原先生の翻訳はこれしか読んだことがないんですが、
すばらしいですよね。
私も、いわゆる翻訳調でないこなれた日本語で
読める外国文学、というので衝撃を受けた覚えがあります。

2004年11月16日 @ 10:38 AM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/16/trackback