2004年11月10日

2種類の中国茶

10_0039_4.jpg

横浜に行くついでがあったので、中華街の茶舗に立ち寄った。いつもの店で中国茶を買った。碧螺春は、紅茶で喩えると F.T.G.F.O.P. のように産毛がふさふさしたような新芽の緑茶である。金萱は、同じ高山茶でも阿里山の対極にあるようなバニラ香の強い青茶。香りと味の性格、産地もまったく異なるお茶だが、私のお気に入りである。

タグ:

カテゴリー:料理 |  コメント (0) |  投稿者:hyodo

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/14/trackback