2008年6月2日

8人の女たち

赤羽の給水塔

映画「8人の女たち」は、ただ楽しむためだけに、昔BS2で放映したときに録画したのだが、なんとなく2回観てしまい、「なかなか深い映画だな」と感じ、母も2回目(以前観たことを忘れていたらしい)を観ているときに、僕がちょうど居合わせて、3回目も観たものだから、もう想い返さないように、ここに記録しておく。

観ようと思った直接のきっかけは・・・・すっかり豊満になったカトリーヌ・ドヌーブを興味本位で見たかったわけではなく、トリュフォーの最後の恋人ファニー・アルダンが出演しているからでもなく、メイド姿のエマニェル・べアールが脱ぎそうな気配を感じたからでもない・・・・とは言い切れない。そんなところがこの映画のいいところである。

ストーリーは、大雪により邸宅に閉じ込められた8人の女たちのイライラから生じた諍いにより進行する。すなわち、女たちが互いに中傷、誹謗、暴露、告白、密告、偵察をし合い、ゴシップとスキャンダルにまみれるのである。女たちはそれぞれ秘密を持っているのだが、ディープな上に、2段構えであり、どちらかというと知りたくもないようなおぞましいものである。たとえば、浮気している上に、お相手は××とか、旦那のお相手をしているんだけど、本当は奥様を恋慕しているとか、妊娠しちゃったんだけど、そのお相手は××などなど。実際、この過剰なインフォメーションが悲劇(喜劇?)へと向かっていく。

実はこの作品は、ミュージカル映画であり、出演者は全員女で、明るく華やかで軽やかである。汚れた女たちの歌う歌詞の内容は、彼女たちを浄化させる。

「幸せは 強く抱きしめすぎると 壊れてしまう」(だったと思う)

ダニエル・ダリューがラストに歌う詩は、箴言にまで高められている。内容とは似ても似つかわない表層、これがこの映画の魅力であり、女の魅力なのかもしれない。

今日の写真
昨日、久々に街歩きをしました。赤羽周辺の団地の給水塔と思われるもので、古いものなのですが、良くデザインされています。似たようなものは他にもありましたが、これは展望台付です。

タグ:,

カテゴリー:映画 |  コメント (4) |  投稿者:hyodo

コメント


tapioka

 お久しぶりです。
あのディープな内容にそぐわない?ミュージカル映画ですね(笑)
一度観ると、かなり印象に残る作品を3度ですか!?
ラストのええっ~と言う展開、本当、驚かされますよね。

2008年6月2日 @ 10:51 PM

tapiokaさん、こんにちは。
そうだ、2回目は母とみて、
3回目は、昼休みにtapiokaさんと、
観たのでしたね。
BS映画はいろいろとりためていているので、
今後も感想文(ブログ記事)をがんばります。

2008年6月3日 @ 10:23 AM

お、生きてたね・・・。(笑)
「8人の女たち」以前正月(確か)に劇場で観ました。
ドロドロした内容の割に、正月っぽい華やかさがあって楽しかったな。
といっても詳細はほとんど忘れましたが唐突に始まる最後のダンスが好きですね。

2008年6月6日 @ 5:20 PM

boroさん、お久しぶりです!
「8人~」の劇場公開は、結構昔ですよね。
ラストシーンは唐突で確かに笑えるますよね。
何度か観ると、この映画のドロドロ感が薄れて感じられるから不思議です。

2008年6月7日 @ 5:30 PM

コメントの投稿

トラックバック

トラックバック URI» http://www.hyodo-arch.com/buryoshaki/archives/136/trackback